R指定

Diary of MapleStory

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

伝説の調髪・・・! 

ある日、1人の青年がいた。
彼の名前はDIRAIN

顔2、プリンス。

もはやテンプレとも言わざるを得ないスタイルだ。


DIRAIN「僕は・・・目立たないだろうか」


そう、余りに多すぎるスタイルが故、彼はいたって凡庸な青年だった。

次第にそれは彼にとってのコンプレックスへと変わっていく。

・・・それが悲劇の結末を生むとは知らずに。


DIRAIN「・・・イケメンになりたいっ・・・!」

彼は徐にポイントショップに向かうことになる。

所持残高、323P

いける。
彼は確信した。

伝説

伝説のカリスマ美容師。

伝説2


個性的なヤツラ・・・!

青年はもう、迷わなかった。


DIRAN「俺を・・・イケメンにしてくださいっ・・・!」


彼は、「伝説の調髪一般券」を伝説の美容師に渡す。


(なんだ・・・ずいぶんとサッパリした気がするぞ・・・)

(これできっと俺も爽やかBOYに・・・!)


期待に

胸を膨らまして

青年は

──目を開いた。




ハゲ3


世の中はいつだって理不尽だ。

そう・・・この後、彼が即ポイントショップに入り、コンビニへ行ったのは言うまでも無い。


彼はハゲ散らかした後はアフロになり、ちょんまげみたいな髪型になり・・・

そして。



イケメン


彼が求めていた答えは・・・決して安くは無かった。

2013/02/15 Fri. 21:56  edit

Category: MapleStory

Thread: メイプルストーリー李 - Janre: オンラインゲーム

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://sashimiman.blog79.fc2.com/tb.php/217-85fb269a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。